お客様のご注文

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) - 最新の更新情報や旅行の情報に関しては、弊社の新型コロナウイルス情報センターを参照してください。

:
:
:

ブダペスト

最高のブダペストを体験しましょう

人気の高まるブダペストは、ブダとペストの両方、さらに西欧と東欧の橋渡し役を果たす街として、東西が融合する都市。激動の歴史にもかかわらず、いつでも活気に満ちた多様性を誇り続けた街です。壮麗な建築物や温泉から過去の追憶やボヘミアンなバーまで、ブダペストの最高のスポットをユーレイルのガイドでチェックしてみましょう。

 

人気観光スポット

budapest route
中央市場ホール
ブダペスト中央市場
ブダペスト中央市場

ドナウ川の東側にあるペストの中央市場のホールは、市場探訪を始めるのに最適な場所です。ブダペスト最古かつ最大の市場には、3階建ての各階に屋台が広がります。どんな時間帯にも、美味しく楽しめる食べ物がきっと見つかります。サワークリームとシュレッドチーズがトッピングされた伝統の揚げパン、 ランゴシュ (lángos) を試してみましょう。

 

 

ゲッレールト (Gellért) の丘
ゲッレールトの丘にある自由の女神像
ゲッレールトの丘にある自由の女神像

自由橋を渡り、ドナウ川のブダ側(西岸)に到達。ここでは、急ながらも短い坂道を登って ゲッレールト (Gellért) の丘 の頂を目指しましょう。丘頂では、ゆったりと 街の美しい眺めを満喫。日の出と日没のタイミングでは特に美しい景色が楽しめます。 

 

素晴らしい眺めに次いで見逃せないのがドラマチックな自由の女神像と見事なツィタデッラ (Citadella)。1848年から翌年にかけて建設されたこの要塞が実際に戦いを経験したことはありません。

ブダ城地区
漁夫の砦
漁夫の砦

北へ向かうと、ブダペストで最も名高い建物の数々が丘の上にそびえるブダ城地区、1区へたどり着きます。 ケーブルカーに乗り、ブダ城 へ。ハンガリー国立美術館 を訪れたり、眺めを楽しみながらグーラッシュの昼食を楽しみましょう。

 

城からほど近い漁夫の砦は、インスタ映えするスポット。 中世のおとぎ話の宮殿のように見えますが、実際には、ドナウ川からペストまでの素晴らしい景色を楽しむ場所として1902年に建てられたヨーロッパで最も贅沢な展望台の1つです。

ドナウ川遊歩道 (Dunakorzó)
ドナウ川沿岸の靴の記念碑
ドナウ川沿岸の靴の記念碑

 鎖橋 を渡ってペスト側に戻ります。この橋は、ブダとペストを恒久的につなぐ最初の架け橋として1849年に開通しました。デザイン面にとどまらず、ブダペストを物理的にひとつにしたという歴史的な役割を果たす橋です。

 

ドナウ川遊歩道沿いに北へ進むと、ドナウ川沿岸の靴の記念碑が目に飛び込みます。男性や女性、子供たちが射殺され、川に放り込まれる前に靴を脱ぐよう命じられた、ホロコースト期間中のハンガリーのユダヤ人コミュニティが苦しみを痛烈に思い起こさせる記念碑です。さらに歩を進めると、世界で3番目に大きい宮殿のようなハンガリー国会議事堂に到着です。ブダ側の川岸から見ると、まるでドナウ川に浮かぶように見える建物です。  

聖イシュトヴァーン大聖堂
Gelarto Rosa のアイスクリーム
Gelarto Rosa のアイスクリーム

ハンガリーで最も神聖なカトリック教会、市中心部の聖イシュトヴァーン大聖堂は必見です。ドームに登って素晴らしい景色を楽しんだ後は、ミイラ化したイシュトヴァーン1世の右手を見学する機会をお見逃しなく。

 

大聖堂の向かいのジェラートショップ、Gelarto Rosa に立ち寄りましょう。色とりどりのジェラートが甘く美味しいバラに変身する様は見ものです! 

アンドラーシ(Andrássy) 通り
アンドラーシ通りにある恐怖の館博物館
アンドラーシ通りにある恐怖の館博物館

1872年に作られ、ブダペスト市内中心部とヴァーロシュリゲット (Városliget) 市民公園をつなぐアンドラーシ(Andrássy) 通りは、ユネスコ世界遺産登録の地であり、ブダペスト住民に愛されています。

 

大通りの途中では、恐ろしい恐怖の館博物館を訪れることができます。常設展示「2つの占領」では、ハンガリーが20世紀に体験したナチス支配とその後のソ連支配が描かれています。内容は悲惨ですが、ハンガリー人が生きた記憶の中で経験した事実を理解する上で重要な展示です。 

 

大通り沿いに進むと、ハンガリーの自由のために戦った人々に捧げられた記念碑である英雄広場にたどり着きます。ここでは、ブダペスト現代美術館ブダペスト西洋美術館も見学できます。

セーチェニ (Széchenyi) 浴場
セーチェニ (Széchenyi) 浴場
セーチェニ (Széchenyi) 浴場

ブダペストの丘を歩き回った後は、地元の人々と一緒に温泉で疲れを癒やしましょう。中でも最も有名な温泉が、巨大なスパコンプレックス、 セーチェニ (Széchenyi) 浴場 。黄色い宮殿のテラス内で泳いだり、バブルバスが楽しめます。浴場は英雄広場と市民公園のすぐ向こうにあります。 

 

より静かな環境で温泉を楽しみたい方には、ブダペストの他の温泉がおすすめです。アールヌーヴォー様式の ゲッレールト (Gellért) 温泉の柱の間を泳いだり、16世紀に歴史を遡るトルコ式のルダシュ (Rudas) 温泉で古き時代に思いを馳せることができます。

廃墟バー
廃墟バー Szimpla Kert
廃墟バー Szimpla Kert

ブダペストの夜に欠かせないのが7区の廃墟バー体験。2002年開店の Szimpla Kert が元祖廃墟バーとされています。それ以降、朽ち果てた工場や長屋が起業家たちの手でバー、ダンスフロアや屋上レストランなどの変わったスポットに生まれ変わりました。

 

たくさんの部屋と複数階をめぐる廃墟バーで、ナイトライフも冒険に早変わり。 とりわけ、2つの廃墟バーが組み合わせられ、迷路のように入り組んだ Instant/Fogas は、そびえ立つナイトライフの拠点として一晩中営業しています。軽食が楽しめるバーもあるので、朝まで外に出る必要もなし。街中に新しいバーが次々に開店しているので、廃墟バー巡りに終わりはありません。

budapest-hungary-margaretisland-fountain

マルギット島で一休み

 

観光スポット巡りの後は、地元の人に倣ってドナウ川に浮かぶマルギット島に足を運び、ブダペストを代表する公園のひとつで一休み。 ランニングコース、屋外プールや手入れの行き届いた静かな庭園など、緑とアクティビティには事欠かない公園です。 修道院の跡地や、音楽を奏でる噴水などの見どころもあります。 

 

 

 

budapest-hungary-danube-cruise

青きドナウ川を楽しむクルーズ

 

夜になると、ハンガリー国会議事堂と鎖橋からの光がドナウ川の水面に反射し、まさに魔法のような光景が見られます。この眺めを満喫するには、ドナウ川クルーズが一番。ディナークルーズに参加して、さらに充実した夕べを演出することもできます。もっとテンポ良く夜を過ごしたい向きには、ウクライナの貨物船が文化の拠点に変身した A38 でドナウ川のパーティーを楽しむのがおすすめです。

 

 

 

budapest-hungary-christmas-tram

ホリデーの雰囲気を楽しむ 

 

冬の気温は10°C(15°F)まで下がることもありますが、温泉のほかにも、あたたかく楽しく過ごす方法はたくさんあります。市民公園のヨーロッパ最大のリンクで城をバックにアイススケートを楽しみ、煙突形のケーキ一杯のハンガリー風ホットワイン (forralt bor) で暖まって一休み。クリスマスのライティングに彩られたブダペストのトラムを眺めるのもお忘れなく!

 

鉄道でのブダペストへの行き方

train

中欧に位置するハンガリーのブダペストは交通の便がよく、多数の他のヨーロッパの都市と直行便が運行されています。国際列車は東 (Keleti) 駅、 西 (Nyugati) 駅、南 (Déli) 駅のいずれかに到着します。国内路線のインターシティ (InterCity) 列車もブダペストとその他のハンガリー主要都市を結んでいます。

 

ブダペスト発着の鉄道はすべて『ユーレイル時刻表』で確認できます。

 

ウィーン - ブダペスト

ウィーンからブダペストへ

プラハからブダペストへ

プラハからブダペストへ

ブラチスラヴァからブダペストへ

ブラチスラヴァからブダペストへ

飛行機と公共交通機関

plane

ブダペストへのフライトは、市の南東にあるフランツ・リスト (Ferenc Liszt) 国際空港に着陸します。100E番のシャトルバスを利用すると、わずか30分で市中心部に到着します。平日には、地下鉄M3線も利用できます。

Public transport

アトラクションのほとんどが徒歩圏内にあるため、ブダペストの散策には徒歩が最適です。中心部から離れて移動したり、足を休めたい時には、バス、トラムや地下鉄を利用しましょう。