お客様のご注文

コロナウイルス(COVID-19) - 最新のアップデートや旅行情報については、コロナウイルスインフォメーションセンターをご覧ください。

:
:
:

フィレンツェ

フィレンツェの見どころと観光のヒント

フィレンツェは単なる都市ではありません。圧倒的な美しさで人々を誘惑する、歴史や文化が息づいた生き物なのです。フィレンツェの芸術や建築物の素晴らしさは人々を惑わせ、料理は天にも昇るほどのおいしさです。その心臓であるトスカーナは、ダンテや強力な財閥、メディチ家のホームでもあります。片時も離すことのできない宝石のように、フィレンツェからは目をそらすことができないのです。

人気観光スポット

Florence route
ドゥオーモ(Duomo:フィレンツェ大聖堂)
duomo florence italy sunset (1)

フィレンツェの象徴的なランドマーク、ドゥオーモ(フィレンツェ大聖堂)はフィレンツェのスカイラインに高くそびえ立っています。 ゴシック様式の外観と赤いタイルのドームで有名で、世界で最も大きな組積構造の建物です。

 

大聖堂への入場は無料ですが、支柱なしで立っている鐘楼があるドームへ上るには €18 かかります。フィレンツェの素晴らしい眺めにきっと驚かされるでしょう。

ヴェッキオ宮殿 (Palazzo Vecchio)
palazzo vecchio italy florence

共和国の力の象徴として、フィレンツェは 1299 年に政府組織を内包する宮殿を建てました。この宮殿は今でも市役所として機能しており、目の前に広がる、ミケランジェロのダビデ像のレプリカなど、たくさんの銅像があるシニョリーア広場 (Piazza della Signoria) の眺めは格別です。

 

古い歴史を持つ宮殿に足を踏み入れる方々は、隠れた通路で迷ってしまうことがありますのでご注意ください。

ヴェッキオ橋 (Ponte Vecchio)
Ponte Vecchio_Florence_Italy

この「古い橋」 は市の中心から追い出された肉屋のホームとして使用されていました。現在は、宝石店だけがひしめく橋となり、観光客をひきつけています。朝早くから訪れることで混雑を避け、フィレンツェ最高のジェラート店の1つである「 Carapina」にも足を延ばしましょう。アルノ川の観光ボートに乗り、違う角度からヴェッキオ橋を眺めるのも一興です。

 

 

 

ピッティ宮殿 (Palazzo Pitti)
PalazzoPitti

ピッティ宮殿はフィレンツェ最大の複合博物館で、ルネッサンス期の傑作で通路が埋め尽くされています。有名なラファエル、ティツィアーノ、ルーベンスによる絵画はかつて、この宮殿でトスカーナを統治していたメディチ家のコレクションの一部でした。

 

パラティーナ美術館ロイヤルアパートメントを訪れることをお忘れなく。また、時間があれば、美しいボボリ庭園を散策しましょう。

アカデミア美術館 (Galleria dell’Accademia)
Galleria d'ell Accademia_David_Florence_Italy

フィレンツェのアカデミア美術館はルネッサンス芸術家、ミケランジェロによる彫刻で有名です。ここには、世界的に有名で巨大なダビデ像を見に、観光客が押し寄せます。

 

長蛇の列を避けるため、美術館を訪れる計画を立て、事前にチケットを購入しましょう。また、より深い体験を得るため、ガイドツアーを予約することもできます。

 

 

サン・マルコ広場 (Museo di San Marco)
museo di san marco florence italy

この歴史的な芸術博物館には、神のご加護を受けた宗教画家、フラ・アンジェリコ (Fra Angelico) の作品が展示されています。1階には、修道士の瞑想と反省を促すための、複雑なフレスコ画が飾られた44部屋の修道室があります。また、15世紀終わりに有名なルネッサンス芸術家、ドメニコ・ギルランダイオ (Domenico Ghirlandaio) によって描かれたフレスコ画、最後の晩餐も収蔵されています。

バルディーニ庭園 (Bardini Gardens)
Bardini Garden_Florence_Italy

フィレンツェの奥にある庭園は、フィレンツェには銅像や絵画、建築物だけでなく自然の美しさもあるということを思い出させてくれます。4 ヘクタールの庭園はフィレンツェの人混みから離れたい人々にピッタリです。 

 

庭園のチケットは €10 で他の 4 つの博物館や庭園も含まれます。

 

 

florence shopping

目を引くドレス

 

イタリアでファッションの都と言えばミラノを思い出す人が多いですが、実はフィレンツェ出身のイタリア有名ブランドも数多くあります。さらに、フィレンツェには、あまり有名でない小さなブティックがひしめき合い、フィレンツェでしか見かけない計算された無造作スタイル、スプレッツァトゥーラ (sprezzatura) をお探しの方にはピッタリです。地元のレザーショップでアクセサリーを買ってワードローブに加えるのもいいでしょう。

bistecca alla fiorentina

パスタ以外を試してみる

 

フィレンツェでは街を歩いているだけで美味しそうなパスタレストランがたくさん目に入ります。しかし、フィレンツェの目玉料理はピザでもパスタでもなく、フィレンツェ風ステーキ (bistecca alla fiorentina) なのです。2人以上で食べても十分足りますので(キロ単位で注文)遠慮なく食べましょう。焼き方はシェフのおすすめに任せて(大概レア)、トスカーナのおいしい赤ワインに合わせるのもいいですね。後悔することも忘れることもないでしょう。

passegiata bright

散歩 (La Passegiata)

 

家庭的な食事を楽しんだ忙しい1日の最後は、フラッと散歩に出ると気持ちいいものです。オリトラルノ (Oltrarno) 界隈は食後の散歩 (passegiata) にピッタリな雰囲気で、お酒をひっかけることもできます。また、そこから南へ足を延ばせば、街を見渡せる公園や広場から夕陽を眺めることもできます。

simone-100px

シモーネ(26歳)

最高においしいサンドイッチをお探しの方は、ネーリ通り (Viadei Neri) にある「 All'Antico Vinaio's restaurant 」を試してみてください。価格も手頃で、€5 でもすごい量です。伝統的な屋台をお探しの方は、Sergio Pollini に向かい、名物のもつ煮込み (lampredotto) をお試しください。他には、クレ・アブラーム (Clet Abraham) のスタジオがおすすめです。彼はフランスの芸術家で、看板を面白くて興味深いアートに変えてしまうのです。 

ロンリープラネットのトラベルガイドが 20% お得に

 

必須の基本情報から知る人ぞ知る旅のヒントまで、フィレンツェとトスカーナに関するあらゆる情報が満載のロンリープラネットのガイドブックがユーレイルのお客様限定で 20% 割引。決済時にプロモーションコード「EURAIL20」を入力してください。

鉄道で行くフィレンツェ

train

イタリアの主要都市と同じく、フィレンツェへの鉄道旅行は簡単です。主要駅である  サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 (Santa Maria Novella: S.M.N.) ではミラノ、ボローニャ、ヴェネツィア、ローマ、ナポリからの高速鉄道を利用できます。多くの地域鉄道は、 リフレディ駅 (Rifredi) から北へ出発するか、カンポ ディ マルテ駅 (Campo di Marte) から東へ向かいます。

 

フィレンツェ発着の鉄道はすべて『ユーレイル時刻表』で確認できます。

 

ローマからフィレンツェへ

Rome - Florence

パリからフィレンツェへ

Paris - Florence

チューリッヒからフィレンツェへ

Zurich - Florence

飛行機と公共交通機関

plane

トスカーナ地区には2つの主要空港があり、フィレンツェ空港(別名ペレトラ空港)が最も小規模です。ヨーロッパの格安フライトの多くが、それよりも規模の大きいピサ空港へ向かいます。ここからフィレンツェ中心部へは電車またはバスでわずか 75 分です。

Public transport

フィレンツェの中心部はコンパクトなので徒歩で廻るのが一番です。シティバスのネットワークも存在しますが、歴史地区の端から端まで歩いて 15 分でたどり着けるため、あまり利用する機会はないでしょう。