お客様のご注文

限定オファー:Plusで無料でパス100%払い戻し可能にします。今すぐ購入→

:
:
:

ヨーロッパ1か月:アムステルダムからフィレンツェへ

オランダ、ベルギー、フランス、スイス、イタリアを訪問

素晴らしいヨーロッパ鉄道旅行の計画には、この1か月の旅程から始めるのがお勧めです。オランダ、ベルギー、フランス、スイス、イタリアの大都市を巡るエキサイティングな旅と、魅力あふれる観光スポットやあまり知られていない都市への日帰り旅行を組み合わせた楽しさ満載の旅程です。


旅程のハイライト
ヨーロッパを代表する人気都市を巡る場合は、それらの都市をベースとしてそこから近くの小都市や有名観光地を訪れるようにすればパーフェクトな旅程となります。

1 - 5日目:オランダ、アムステルダム

アムステルダム
  • 散歩やサイクリングでアムステルダムの運河沿いを進み、街の美しい景色や音を感じましょう。 ボートツアーもおすすめです。

  •  アンネ・フランクの家では、第二次世界大戦とアンネの波乱に満ちた生涯について詳しく知ることができます。

  • 有名な美術館を1つ以上選んで足を運んでみましょう。特に人気が高いのは、国立美術館(Rijksmuseum)レンブラントハウス博物館、 ファン・ゴッホ(Van Gogh)美術館です。

飛行機で到着する場合、アムステルダムの中心まで最も速く移動できるのは鉄道ですが、ユーレイルパスの利用開始手続きをまだしていないならば、バスを利用することもできます。所要時間は列車よりもわずか15分長いだけで、料金は約半額です。

アムステルダムからの日帰り旅行

  1. 列車に乗って、世界最大級の港がある魅力的なオランダの都市ロッテルダム(Rotterdam)へ。予約不要の列車が数分おきに運行しており、往復の所要時間はわずか80分です。 

  2. オランダ議会の地でもある美しい地域、ハーグとスヘフェニンゲンを1日かけて散策。直行列車が終日運行しており、往復の所要時間は1時間未満です。

  3. 活気あふれる街マーストリヒト(Maastricht) へ向かい、中世の建築、趣のある旧市街、にぎやかなカルチャーシーンに触れましょう。予約不要の列車が30分おきに運行しており、往復の所要時間は往復で5時間です。

6 - 11日目:ベルギー、ブリュッセル

ベルギー、ブリュッセル
  • ベルリンでグルメを楽しむなら、昔ながらのチョコレートショップに立ち寄るのをお忘れなく。また、ベルギービールを味わい、ワッフルに舌鼓を打ちましょう。

  • 美しいグランプラスや旧市街を徒歩で散策。

  • アトミウム(Atomium)を訪問 - 原子の形をした象徴的な鋼鉄のモニュメントで、1958年のブリュッセル万国博覧会のために建てられたものです。

アムステルダムとブリュッセル間を結ぶ鉄道の所要時間は最短で2時間。ご利用には予約が必要です。予約が不要な列車もたくさんあります。この場合、所要時間は約3時間です。

ブリュッセルからの日帰り旅行

  1. 美しい港の都市アントワープを列車で訪問 - フランドル派ルネサンス建築を見るだけでも行く価値はあります。インターシティ(InterCity)の直行列車が終日運行しており、所要時間はわずか2時間です。

  2. 中世都市ヘントとブルッヘを1日かけて観光しましょう。どちらもブリュッセルからすぐに行ける距離にあり、組み合わせれば興味深い日帰りの旅となるでしょう。移動時間は合わせて2時間以内です。

12 - 17日目:フランス、パリ

パリ
  • エッフェル塔凱旋門(Arc de Triomphe)ノートルダム(Notre-Dame)大聖堂サクレクール(Sacré-Cœur)寺院など、この街にある数々の有名な建築を見てまわりましょう。

  • 気軽に乗り降りできるセーヌ川のクルーズでは、一味違ったパリの風景を見ることができます。 

  • ルーブル美術館ポンピドゥー・センターオルセー美術館(Musée d'Orsay)など有名な美術館を訪れるなら、少なくとも半日は必要です。

ブリュッセルからパリへの高速鉄道はブリュッセル南(Brussels Midi)駅から乗車できます。ご利用の際は予約が必要です。ブリュッセル - パリ間の所要時間は90分です。

パリからの日帰り旅行

  1. 北フランスにあるにぎやかな学生街、リールへ列車で訪れましょう。パリから日帰りで訪れるのにぴったりの美しい街です。TGV を利用する場合は予約が必要ですが、所要時間はわずか2.5時間です。

  2. ベルサイユの宮殿と庭園を1日かけて堪能しましょう。パリとベルサイユ間の列車は終日運行しており、移動にかかる時間は片道最短15分未満です。

  3. ストラスブールはフランス東部にある魅力あふれる街で、フランスとドイツの影響から恩恵を受けています。パリから簡単に日帰り旅行が可能。TGV と ICE の列車は予約が必要ですが、往復3.5時間で移動できます。

18 - 22日目:スイス、ベルン

ベルン
  • 街の東部にあるベーレングラーベン (Bärengraben)またの名を熊公園では、ベルンの名前の由来とされている動物たちを目にすることができます。

  • 周囲を取り囲む山々へ出かけて、素晴らしい景色を楽しめるウォーキングや難易度の高いハイキングに挑戦しましょう。

  • カヤックやラフティングでのアーレ川の川下り。

パリからベルンへのほとんどの列車はパリ東(Paris Est)駅から出ています。高速鉄道には事前の座席予約と、ストラスブール(Strasbourg)およびバーゼル(Basel)での乗り換えが必要となりますが、景色の素晴らしいルートです。所要時間は合わせて4.5時間未満です。

ベルンからの日帰り旅行

  1. 素晴らしい中世の建築や屋根付きの橋、そびえる山々が織りなす景色。美しい湖畔の街ルツェルンは、首都からの日帰り旅行にぴったり。往復の移動所要時間は直行列車でおよそ2時間です。

  2. アドベンチャー・スポーツを楽しめるインターラーケン(Interlaken)は、ベルン(Bern)からの日帰り旅行に最適です。クルーズに参加したり、ユングフラウ(Jungfrau)の山頂を訪れたりすることもできます。往復の所要時間は2時間未満です。

  3. 有名なジュネーヴで美しい湖や周囲の景色を満喫しましょう。素晴らしい風景を楽しめる直行列車が運行しており、往復の移動時間は通常4時間未満です。

23 - 28日目:イタリア、フィレンツェ

フィレンツェ
  • ジョットの鐘楼サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のコンボチケットがお勧め。両方とも必ず登って街の素晴らしい眺めを堪能してください。

  • 世界最高の美術館の一つ、ウフィツィ美術館を訪れましょう。

  • 街を象徴するヴェッキオ橋を歩いて渡り、ミケランジェロ広場へと進めば素晴らしいパノラマ風景が広がります。

ベルンとフィレンツェ間はほとんどの列車で最長7時間かかりますが、最短のオプションはそれぞれ7:34AM と1:34PM に出発します。これらの列車には座席の事前予約とミラノでの1回の乗り換えが必要となります。所要時間は合わせて5.5時間です。

フィレンツェからの日帰り旅行

  1. 1日かけて郊外へ出かけ、有名なピサの斜塔の前で記念撮影。フィレンツェ - ピサ間は直行列車が数分おきに運行しており、往復の所要時間は2時間未満です。

  2. また日帰りならぜひローマを訪れてみましょう。ローマでも特に有名なコロッセオフォロロマーノは数時間で観光することができます。列車は終日運行しており、往復の移動時間はわずか3時間です。

この旅程に適したパス

この1か月にわたる旅程は、魅力的な都市に滞在しながら、刺激に満ちた日帰り旅行にも出かけられるプランになっています。ユーレイル グローバルパス(1か月連続使用)なら、旅行日を使い果たす心配なく、毎日列車で旅ができます。また、大陸でも最高の列車を利用し、主要都市間を快適かつスマートに移動できます。