お客様のご注文

コロナウイルス(COVID-19) - 最新のアップデートや旅行情報については、コロナウイルスインフォメーションセンターをご覧ください。

:
:
:

イギリスを起点とした 2 か月周遊プラン

このプランではイングランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イタリア、スイス、オランダ、ベルギーの 8 つの国・地域を廻ります。有名都市を駆け巡る旅をお探しの方にはピッタリの周遊プランです。

ルート

ルートマップ
ルートマップ

旅程のハイライト

 

はじめにイギリスを象徴する数都市を廻り、駆け足でパリとミラノ独特の文化を体験します。スイスで自然の美しさと早大な鉄道を堪能した後は快楽主義的なオランダの首都で数日間ナイトライフを楽しみ、ブリュッセルのビールとチョコレート食べ放題で旅を締めくくります。

 

おすすめのレイルパス

eurail_pass_free_travel_pack_2017_small

このプランでは、使用日数 15 日間 有効期間 2 ヵ月間のグローバルパスが必要になります。2 か月の期間から 15 日を選んで鉄道を利用できるため、あらかじめ決めておいたプランを逸脱し、特定の都市に長く滞在したり、日帰りで近くの観光スポットへ足を延ばすこともできます。

 

London_eye_england_sm

1 - 4日目:イギリス、ロンドン

 

ロンドンはイングランドの首都であり、歴史がしみ込んでいるにもかかわらず、すべてが活気にあふれているコスモポリタンです。

 

  • 初めて行くなら必見のロンドンの有名観光スポット – ビッグベン (Big Ben)、タワーブリッジ (Tower Bridge)、バッキンガム宮殿 (Buckingham Palace) を制覇しましょう。

  • ロンドン・アイに乗り、高い位置から街を一望しましょう。

  • 国立美術館 (National Gallery) やテート・モダン (Tate Modern) など、ロンドンの世界的に有名なアートギャラリーを廻りましょう。

 

アクセス

 

飛行機でイギリスに到着する場合は、ロンドンのヒースロー空港から素早く簡単に市内中心部のパディントン駅に到着する電車が数分おきに運行されています。

 

cardiff_castle_uk_britain_wales_sm

5 - 7 日目:ウェールズ、カーディフ (Cardiff)

 

カーディフはウェールズの南岸に位置する港町で、活気あるウェールズの首都です。

 

  • ビクトリア朝ゴシック様式のカーディフ城 (Cardiff Castle) は11世紀の建造物であり、歴史ファンや建築ファン必見の観光スポットです。

  • カーディフベイ (Cardiff Bay) はショップやレストラン、歴史的な建物が立ち並ぶマリーナ沿いの都会的なエリアです。

  • 試合がある日ならば、ミレニアム・スタジアム (Principality Stadium) でラグビーの試合を楽しむのもいいでしょう。

 

アクセス

 

ロンドンからカーディフまでは直通の列車が30分おきに運行しており、所要時間は2時間あまりです。

 

llandudno_wales_great_britain_sm

8 - 10 日目:ウェールズ、ランディドノー (Llandudno)

 

ランディドノーは北ウェールズの小さな町で、そのビーチや自然、中世の魅力により人気の観光地となっています。

 

  • ランディドノーの観光資源は自然の美しさです。有名な石灰岩でできた壮大な岬、グレートオーム (Great Orme) はトラムウェイで散策でき、美しい自然の一部を堪能できます。

  • 自然を上から見てみたい方は、素晴らしいパノラマビューを楽しめることで人気が高いランディドノーのケーブルカーに乗ってみましょう。

  • 2,295フィートを誇り、ウェールズで最も長いランディドノー桟橋の上を歩きましょう。

 

アクセス

 

カーディフ - ランディドノー間を行き来する列車は一日中運行されています。多くの列車で1回以上の乗り換えが必要になりますが、乗り換え時間を含めても所要時間は5時間以内に収まるでしょう。

 

glasgow_cathedral_scotland_sm

11 - 15 日目:スコットランド、グラスゴー (Glasgow)

 

グラスゴーはクライド川 (River Clyde) 上の港町で、アールヌーボーやビクトリア様式の建築物で有名です。

 

  • 国内有数の人気観光スポット、ケルビングローブ美術館・博物館 (Kelvingrove Art Gallery and Museum) で芸術と文化のエッセンスを補給しましょう。

  • もう少し現代的な美術館を好む方には、美しい歴史的な車両を最先端の展示で魅せるリバーサイド博物館 (Riverside Museum) をお勧めします。

  • 見事なグラスゴー植物園 (Glasgow Botanic Gardens) では 27 エーカーにも及ぶ自然のままの公園を散策することができます。

 

アクセス

 

ランディドノー - グラスゴー間では、ほとんどの場合ウォリントン バンク キー (Warrington Bank Quay) で列車を乗り換える必要がありますが、乗り換え時間を考慮しても所要時間は5時間以内に収まるでしょう。

 

york_england_town_sm

16 - 18 日目:イングランド、ヨーク (York)

 

ヨークはイングランド北東にある城壁に囲まれた町で、ローマ人によって建てられました。この町では巨大なゴシック様式の大聖堂と目を引く中世建築が共存しています。

 

  • 鉄道旅行をするならば、ヨークの国立鉄道博物館 (York’s National Railway Museum) を訪れてみるのはいかがでしょう。そこには鉄道の歴史があふれています。

  • ヨーク城博物館 (York Castle Museum) に続く、再生されたビクトリア朝時代の石畳を歩いてみるのもまた一興です。

  • アドレナリン全開になれる観光スポットをお探しですか?驚くこと間違いなしの展示が並ぶ、恐ろしいお化け屋敷、ヨーク ダンジョン (York Dungeon) をお試しください。

 

アクセス

 

グラスゴー - ヨーク間の列車は直通とエディンバラ乗り換えから選ぶことができ、どちらも所要時間は 4 時間未満です。

 

arc_de_triomphe_paris

19 - 24 日目:フランス、パリ

 

パリは世界で最も観光客の多い都市の一つであり、どこをとっても想像通りの美しい場所です。

 

  • パリを初めて訪れる方は、セーヌ川 (Seine) クルーズから見る街並みをお楽しみください。

  • エッフェル塔 (Eiffel Tower)、凱旋門 (Arc de Triomphe)、ノートルダム寺院 (Notre-Dame)、ルーブル美術館 (Louvre) など、パリで必ず訪れるべき観光スポットを一つひとつチェックしましょう。

  • 町をゆっくり散策してフランス文化を堪能し、テラスでコーヒーを飲みながらリラックスしましょう。パリを楽しむ上でこれ以上の方法はありません。

 

アクセス

 

ヨークからパリへ向かう最も便利な手段は、早朝にロンドン セント パンクラス (London St Pancras) 行きの列車に乗ることです。所要時間は 3 時間強です。そこから事前の座席予約が必要なユーロスターに乗り換えます。パリ行きのユーロスターはほぼ1時間おきに運行されており、所要時間は 2 時間強です。

 

milan_cathedral_at_nightfall

25 - 29日目:イタリア、ミラノ (Milan)

 

ミラノは世界のファッションの中心地として有名で、歴史や文化、高級品のショッピングなど、夢中になれる要素がたくさんある都市です。

 

  • ミラノに着いたらまず、ドゥオモ広場 (Piazza del Duomo) へ向かいましょう。世界で最も混んでいる観光スポットの一つでドラマのワンシーンのような光景を楽しめます。

  • バレーやオペラを定期的に上演する豪華な 18 世紀の劇場、スカラ座でショーを楽しみ、イタリア文化をかじってみましょう。

  • 選りすぐりのイタリアブランドを買いだめするにしても、高級店以外のウィンドウショッピングを楽しむにしても、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア (Galleria Vittorio Emanuele II) へ向かいましょう。町の中心部にある歴史的で壮大なショッピングモールです。

 

アクセス

 

パリ - ミラノ間を昼行列車で移動するのは簡単ですが、移動時間は数時間に及びます。代わりに夜行列車の寝台コンパートメントを予約してみましょう。ユーレイルパスは利用できませんが、パスホルダーはこの有名な夜間旅行を 25% オフで楽しめます。

 

interlaken

30 - 34日目:スイス、インターラーケン (Interlaken)

 

インターラーケンはその名の通り、手つかずのままの 2 つの湖に挟まれた町であり、驚くほど美しい自然とアルプスの近さ、幅広いアドベンチャースポーツで有名です。

 

  • 名前の由来にもなっている 2 つの湖のいずれかでボートに乗ってみましょう。クラシックなフェリーへの乗船は多くのユーレイルパスで無料になります。

  • ラウターブルンネン (Lauterbrunnen) の谷まで日帰り旅行をすれば、信じられないほど素晴らしい眺めや終わりのないハイキング、スイスの山の新鮮な空気を楽しめます。

  • アドレナリン全開になれるアクティビティをお探しですか?近くの山頂からタンデムパラグライダーで空の旅に出ましょう。インターラーケンにはスイスのアドベンチャースポーツがたくさん集まっています。

 

アクセス

 

ミラノ - インターラーケン間の列車から見える景色は美しく、4時間以内に到着します。予約が必要な直行列車もありますが、3 回乗り換えることを厭わなければ予約料なしで移動できます。

 

swiss_alps_view_from_mount_pilatus_lucerne_switzerland

35 - 38日目:スイス、ルツェルン (Lucerne)

 

ルツェルンは未だに小さな町の魅力を保っている賑やかなスイスの都市で、コンパクトながらも壮大な自然の美しさを持っています。

 

  • 有名な屋根付きの橋に着くまで、水際を歩いてみましょう。夕日が水面に映る夕焼け時は特に壮大な景色を楽しめます。

  • 少し高い位置から町の眺めを楽しみたいですか?町を囲むように建てられた象徴的な監視塔と壁から成る、ムゼック城壁 (Museggmauer) へ行ってみましょう。

  • スイスの公共交通機関のファンであれば、利用する列車のすべてを知ることができるスイス交通博物館 (Swiss Museum of Transport) へ向かいましょう。

 

アクセス

 

インターラーケン - ルツェルン間では、有名なゴールデンパス ライン (GoldenPass Line) をご利用いただけます。スイスで最も美しい景色を堪能できる 2 時間のドラマチックな旅をお楽しみください。

 

Amsterdam sm

39 - 44日目:オランダ、アムステルダム

 

アムステルダムは快楽主義的なオランダの首都で、芸術や文化を思いっきり楽しめます。

 

  • 様々な噂を自分の目で確かめてみたければ、歓楽街 (Red Light District) まで夜の散歩に出かけましょう。

  • 第二次世界大戦下の日記作家、アンネ・フランクの家を訪れ、心を打たれる体験をしましょう。

  • 世界で最も有名な芸術作品を多数展示しているアムステルダム国立美術館 (Rijksmuseum) も見逃せません。

 

アクセス

 

ルツェルン - アムステルダム間はバーゼル (Basel) とフランクフルト (Frankfurt) で乗り換えれば1日で移動することもできます。最も便利な方法は、事前予約が必要ない朝 08:54 に出発する列車に乗ることです。

 

canal_in_bruges_belgium_

45 - 48日目:ベルギー、ブルージュ (Bruges)

 

ブルージュはベルギーにある美しい運河の町で、風変わりな建築やおいしいビールで有名です。

 

  • ブルージュの鐘楼 (Belfry of Bruges) の上まで登ってみましょう。下から見ても素晴らしいですが、上から見た方が圧倒的に壮観な光景を楽しめます。

  • 静かな運河沿いの通りで時間を忘れましょう。石畳の上を目的なくさまよい歩くのは最高の過ごし方の一つです。

  • 地元のバーに行って最高においしいベルギービールを試してみましょう。

 

アクセス

 

ブルージュ行きの列車は終日運行しています。多くの場合ブリュッセル (Brussels) で 1 回の乗り換えが必要で、所要時間は 3 ~ 4 時間になります。

 

Brussels sm res

49 - 53日目:ベルギー、ブリュッセル

 

ブリュッセルは賑やかなベルギーの首都で、多くの美術館やレストラン、バー、大通りが詰まっています。

 

  • まず、ムール・フリットやワッフル、グラタン、チョコレートなど、ベルギーの有名料理を堪能しましょう。

  • 喉が渇いたら、デリリュウム (Delirium) でビールを飲みましょう。観光客でいっぱいですが、最高のビールを樽から直接楽しめます。

  • 町を散策してみましょう。グランプラス (Grand Place) から小便小僧 (Manneken Pis) までマストな観光スポットが目白押しです。

 

アクセス

 

ブルージュ - ブリュッセル間の直通列車は予約不要で、所要時間も 1 時間かかりません。ブリュッセルからはユーロスターで簡単にロンドンに戻ることができ、そこから自国への復路便に乗ることができます。