お客様のご注文

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) - 最新の更新情報や旅行の情報に関しては、弊社の新型コロナウイルス情報センターを参照してください。

:
:
:

究極のイギリス鉄道旅行

イギリスには数多くの鉄道路線があり、ヨーロッパ大陸でも最高クラスの景色を誇ります。風光明媚なスコットランド周遊旅行から豊かな文化を体験できるイングランドの田舎まで、様々なオプションをお楽しみください。素晴らしいイギリス鉄道旅行をお求めの方にとって、この日程は完璧でしょう。この旅に最も適したレイルパスオプションは、BritRail パスです。

目的地

Uk_rail_itinerary_map

ロンドンの賑やかな通りからイングランドの田舎やウェールズ/スコットランドのドラマチックな自然風景まで、イギリスで最も美しい風景を誇る鉄道路線を利用しましょう。

 

London_eye_england_sm

1 - 2日目:イングランド、ロンドン

 

世界で最も観光客の多い国の一つであるイギリスでは、まず首都を訪れてみましょう。歴史や文化、ヨーロッパまでの便利な交通手段を提供するこの都市では、時間が早く進むように感じるかもしれません。

 

  • ビッグベンやバッキンガム宮殿、トラファルガー広場、ウェストミンスター寺院など、ロンドンを象徴する観光スポットに感動しましょう。
  • ロンドンアイに乗って、ロンドンの素晴らしい眺めを上から堪能しましょう。
  • イギリスの気まぐれな天気に翻弄されても大丈夫。ロンドンの無料美術館を訪れたり、オックスフォード通りでカード上限いっぱいまで買い物をして、雨に濡れないようにしましょう。

 

アクセス

 

ロンドンのヒースロー空港に飛行機で到着される場合には、空港からパディントン駅まで、数分おきに電車が運行されており、素早く簡単に中心部まで到着できます。

prior_park_landscape_garden_bath_great_britain

2日目:イングランド、バース (Bath)

 

バースはイングランド南西部の谷に囲まれた美しい都市で、その名前は市内にあるローマの公衆浴場にちなんでいます。

 

  • 旅の疲れを都市名の由来になっているローマの公衆浴場で落としましょう。
  • 7世紀に建てられたゴシック様式の美しい中世の教会、バース修道院を散策しましょう。
  • 建築ファンならば、ロイヤルクレセントをお見逃しなく。ジョン・ウッドが設計した30軒のテラスハウスが軒を連ねる通りです。

 

アクセス

 

ロンドン・パディントン駅とバースをつなぐ路線は30分に1本で、約90分かかります。

 

cardiff_castle_uk_britain_wales_sm

3日目:ウェールズ、カーディフ (Cardiff)

 

カーディフはウェールズの南岸に位置する港町で、活気あるウェールズの首都です。

 

  • 有名なカーディフ城の豪華なインテリアの中を歩けば、11世紀に戻ったような気分になれるでしょう。
  • カーディフベイまで足を延ばして歴史的な建物やレストラン、ショップが立ち並ぶ美しいマリーナを散策しましょう。
  • ラグビーがお好きですか?ミレニアム・スタジアム (Millennium Stadium) で一生の思い出になる雰囲気を味わいましょう。

 

アクセス

 

バースからカーディフまでは1時間ちょっとで、ほぼ30分に1本電車が出ています。

 

llandudno_wales_great_britain_sm

4日目:ウェールズ、ランディドノー (Llandudno)

 

ランディドノーは北ウェールズの小さな町で、そのビーチや自然、中世の魅力により人気の観光地となっています。

 

  • 19世紀に建てられ、ショップやアーケードなど、海岸の魅力がいっぱい詰まった名所、ランディドノー埠頭の上を歩きましょう。
  • もっと電車に乗りたい?グレート オーム トラムウェイ (Great Orme Tramway) に乗ってグレートオーム岬の頂上まで行くことができます。
  • 美しい西海岸のビーチ (West Shore Beach) までのんびり歩くのもいいですし、動きたい気分なら、グレートオーム岬のトレッキングを楽しむのもいいでしょう。

 

アクセス

 

カーディフからランディドノーまでの車窓風景は美しく、1時間に1本の鉄道が運行されており、5時間以内に到着します。

 

Albert_dock_liverpool_england_sm

5日目:イングランド、リバプール (Liverpool)

 

リバプールの魅力はビートルズだけではありません。歴史や商業建築、そしてもちろん音楽ファンにも愛される海上都市です。

 

  • サッカーファンであろうがなかろうが、リバプールはアンフィールド (Anfield) で試合を行うので、チケットを買って国内きっての神聖なサッカースタジアムの一つをお楽しみください。
  • リバプールにある記念品や展示の宝庫、ビートルズ・ストーリー (Beatles Story) で究極のビートルズトリビュートを楽しみましょう。
  • 再開発されたロイヤル アルバート ドック (Royal Albert Dock) で食事しましょう。美術館やショップ、バー、カフェ、レストランなどが目白押しのオシャレな地域です。

 

アクセス

 

チェスター (Chester) 経由リバプール行きの電車に乗って、チェスターを訪れてみるのも一興です。所要時間は合わせて2時間未満で美しい海岸線の景色を楽しめます。

 

Windermere_england_sm

6日目:イングランド、ウィンダミア (Windermere)

 

ウィンダミアはイングランドのカンブリア州にある小さな町で湖水地方をめぐる旅を始めるのにピッタリです。

 

  • ウィンダミア湖の風景を楽しんだら地元のバスに乗り、近くの町や村を廻ってみましょう。
  • ワンズワースのファンであれば、彼が生涯の大半を過ごしたライダル (Rydal) がバスで少しの距離にあります。
  • もう少し軽い読み物がお好きな方は、ベアトリクス・ポッターの世界を訪れましょう。有名な絵本の作者についてのインタラクティブな展示やインサイトを楽しめます。

 

アクセス

 

リバプールからウィンダミアまでは所要時間 2 ~ 3 時間の定期路線が運行されています。ウィンダミアに着いたら湖水地方まではタクシーまたはバスですぐ着きます。

 

glasgow_cathedral_scotland_sm

7日目:スコットランド、グラスゴー (Glasgow)

 

グラスゴーはクライド川 (River Clyde) 上の港町で、アールヌーボーやビクトリア様式の建築物で有名です。

 

  • 国内有数の観光スポット、ケルビングローブ美術館・博物館の展示に驚嘆しましょう。
  • 予算を抑えたい方は、町の中を散策してみるのもいいでしょう。ジョージ広場やグラスゴー大聖堂を見学するのをお忘れなく。
  • 鉄道ファンのあなたには、リバーサイド博物館をお勧めします。この博物館は、圧倒的な歴代交通機関のコレクションを誇ります。

 

アクセス

 

グラスゴーまではイギリスの中心部を横切る路線に乗り、オクセンホルム レイク ディストリクト (Oxenholme Lake District) で乗り換えます。所要時間は 3 時間以内です。

 

edinburgh_house_facades

8日目:スコットランド、エディンバラ (Edinburgh)

 

エディンバラはスコットランドの首都であり、美しい丘や建築物、庭園で有名です。

 

  • まず、エディンバラ城に向かいましょう。11世紀のドラマチックな構造とキャッスルロックからの美しい眺めを楽しめます。
  • 素晴らしい建物や伝統的なパブ、数多くのレストランがひしめき合うエディンバラの旧市街では時間を忘れてしまうでしょう。
  • 新鮮な空気が恋しいときには、ドラマチックな町全体のパノラマを眺めることができる人気のハイキングスポット、アーサーの玉座 (Arthur’s Seat) を訪れましょう。

 

アクセス

 

エディンバラはグラスゴーから電車で 1 時間の場所にあり、鉄道は 15 分間隔で運行されています。

 

york_england_town_sm

9日目:イングランド、ヨーク (York)

 

ヨークはイングランド北東にある城壁に囲まれた町で、ローマ人によって建てられました。この町では巨大なゴシック様式の大聖堂と目を引く中世建築が共存しています。

 

  • 鉄道ファンの方は、300余りの交通機関を所蔵する人気の国立鉄道博物館を訪れてみてはいかがでしょう。 
  • ヨーロッパ最大級のゴシック様式の大聖堂であるヨーク大聖堂には豪華なステンドグラスの窓で有名です。
  • ヨーク城と城下町を訪れるのをお忘れなく。石畳の道を歩けば過去に戻ったような気分になれるでしょう。

 

アクセス

 

エディンバラとヨークをつなぐ鉄道の所要時間は約 2 時間半で1日中定期的に電車が運行されています。

 

Birmingham_canal_england_sm

10日目:イングランド、バーミンガム (Birmingham)

 

ウェストミッドランド州にあるバーミンガムは産業革命のランドマークや運河、博物館、カフェ、レストランがひしめき合う、活気にあふれた都市です。

 

  • 甘党の方は、すぐにキャドバリーワールドに向かいましょう。イギリスで最も愛されるチョコレートの歴史を味わう旅に出られます。
  • 地域の産業革命時代へタイムスリップできるブラック カントリー リビング ミュージアム (Black Country Living Museum) で手を泥だらけにするのもいいでしょう。
  • バーミンガム ムーア ストリート (Birmingham Moor Street) 駅から電車に乗り、ウィリアム・シェイクスピアの生誕地である風光明媚なストラトフォード アポン エイボン (Stratford-upon-Avon) を訪れてみましょう。

 

 

アクセス

 

ヨークからバーミンガムまでの所要時間はわずか 30 分で、1 日を通して定期的に鉄道が運行されています。バーミンガムからロンドンまでの所要時間はわずか 90 分です。

 

この旅程に適したパス

eurail_pass_free_travel_pack_2017_small

イギリスを観光するには鉄道旅行がピッタリです。限りないオプションから選択できるうえに、ほとんどの路線で美しい風景を楽しめます。観光日程が数日しかない場合は簡単に旅程を短くできますし、時間がたくさんある場合は長めに時間をとって、魅力的なヨーロッパの国、イギリスの代名詞である文化体験を楽しめます。

 

 BritRail パスを利用すれば、イギリスのあらゆる街を存分に旅することができます。もしくは、アムステルダムやパリからロンドンへの移動がとても便利なユーレイル グローバルパスを利用して、この旅程を他のヨーロッパ都市と組み合わせることもできます。