1 旅行日とはどういう意味ですか?

旅行日は 24 時間単位で、この時間内にユーロパスで鉄道により移動することができます。カレンダー上の同じ日の午前12:00(深夜0時)から午後11:59まで有効です。それぞれの旅行日において、お持ちのユーレイルパスが有効な国の鉄道ネットワークを利用できます。


午後 7 時ルール

午後 7 時ルールでは、夜行便で移動する際に 2 旅行日ではなく 1 旅行日として数えることができます。つまり、7 p.m. (19:00) 以降に出発し、最終目的地に 4 a.m. (04:00) 以降に到着する直行または複数の夜行列車を利用する場合、4 a.m. より前に下車しても、トラベルカレンダーに記入するのは到着日のみとなります。これを利用すれば、旅行時間 5 時間分が無料になります。これを午後 7 時ルールといいます。

ローマ - ミュンヘン/ウィーン間の午後 18:58 時発 ÖBB ナイトジェット (Nightjet) も、午後 7 時ルールの対象になりました。

例を挙げて説明しましょう。

夜行列車が月曜日の 19:15 に出発し、目的地への到着が火曜日の 10:00 だとします。下車するのは火曜日の朝 03:00。この場合、使用する必要があるのは到着日の 1 旅行日のみとなります。その旅行日が終わるまで(この場合は火曜日の 23:59)引き続きユーレイルパスを使うことができます。