お客様のご注文

この夏は鉄道旅行を楽しむ人が増えそうです。座席を確保するため、必ず早めに事前に座席予約を行ってください。

座席予約をしないで旅行を楽しみたい場合は、予約不要の旅程をチェックしてみましょう。

:
:
:

モバイルパスの検札

チケットの検札
チケットは何のために必要ですか?

パスのうち、チケット検札係に提示する部分がチケットです。検札係がバーコードをスキャンし、旅の情報を確認します。一部の駅では、チケットのバーコードを使って改札口を開けることもできます。 

チケットはどこで確認できますか?

チケットはお客様のパスから確認できます。旅行に使用するパスを選択して、旅行日をタップし、[チケットを表示] をタップします。チケットには、バーコード、パスの詳細とその日の旅の情報が含まれています。

チケットの有効期間は?

チケットは旅行日中有効で、必要に応じて何度でも表示できます。チケットを有効な状態で表示できるよう、旅行中はすべての旅程をパスに必ず追加するようにしてください。

 

各旅行日にそれぞれ別々のチケットが作成されますので、次の日も列車で移動を続ける場合には、別のチケットを提示する必要があります。 

検札係がチェックする対象は何ですか?

検札係はチケットのバーコードをスキャンし、乗車中の列車がチケットに追加されているかどうかを確認します。パスがあなたのものであることを確認するため、パスポートや身分証明書の提示を求められることもあります。

パスに旅を追加するとはどういう意味ですか?

旅をパスに追加すると、その旅が対象の旅行日のチケットに表示され、車内での検札にも対応できるようになります。どの旅にも有効なチケットが用意できるよう、ご旅行の際にはすべての旅程をパスに追加する必要があります。

 

検札係はチケットの旅の詳細を確認するため、列車に乗車する前にパスに旅を適切に追加してください。

アプリや駅の掲示板で予定している旅程が見つからない場合はどうすればよいですか?

ヨーロッパの列車の中にはユーレイルのデータベースにないものもあるため、時刻表で旅程が見つからない場合もあります。旅程が見つからない場合は、まず、駅名を現地語で入力したかどうかを確かめてみましょう。

 

それでも見つからない場合は、手動で旅程を追加するオプションが表示されます。ここで不足している旅の詳細を入力し、[旅行] に保存します。

 

検札係が確認しますので、正確な駅名と列車の時刻を入力するようにしてください。情報が不確かな場合には、鉄道駅でこれらの情報を確認することができます。列車が遅れた場合は、元の出発予定時刻を入力してください。

鉄道駅で改札口を通る方法を教えてください。

チケットのバーコードを使って改札口を通ることができます。スキャナーにバーコードをかざすと、ゲートが開きます。

 

この操作ができない場合やまたはゲートが開かない場合は、駅係員にゲートを開けてもらうよう頼んでください。

夜行列車のルールに従ってチケットを使う方法を教えてください。

深夜以降に到着する夜行列車をご利用の場合は、出発した日が旅行日としてチケットに表示されます。深夜を過ぎた場合でも、検札係にはこのチケットを提示してください。

チケットが表示されません。なぜですか?

[お客様のパス] に [チケットを表示] ボタンが表示されない場合には、[お客様のパス] から予定の旅がパスに追加されていることを確認してください。

 

方法が分からない場合には、ユーザーガイドのチケット作成の手順を確認してください。

パスへ旅を追加すると座席予約も同時にされますか?

いいえ、パスに旅を追加しても座席の予約はされません。予約も必要な旅程の場合には、座席を別途予約し、料金をお支払いいただく必要があります。検札係がアプリのチケットを確認する際に、座席予約も提示するよう求められます。

 

座席指定が不要な場合は、車内で予約されていない座席を自由に選べます(ただし、2 等 (2nd class) のパスをお持ちの場合には、1 等 (1st class) 車両の座席は利用できません)。パスへの旅の追加と同時に座席が割り当てられることはありません。