お客様のご注文

雨の日に最適な旅行アクティビティ

 

ヨーロッパの天気は予測不可能で、ある瞬間には太陽が輝いているかもしれませんが、次の瞬間には水たまりを飛び越えて必死に雨宿り場所を探すことにもなりかねません。幸い、ヨーロッパでは、雨の日でもアクティビティには事欠きません。雨の日に、次回のユーレイル旅行で、あるいは地元で試してみたい、おすすめの屋内アクティビティのリストをご紹介します。

博物館

雨の日のアクティビティに美術館見学に勝るものはありません。ヨーロッパではほとんどの都市に最高の美術館や博物館が揃っています。科学、スポーツ、自然史、交通、現代アート、あるいはもう少し伝統的なものまで、雲が晴れるまで十分に興味を引きつけるものが見つかる可能性は十分あります。見つからない場合は、GoogleやYelpでちょっと検索すると、実際に入場料を支払う前に展示内容に関する正直なレビューや情報をチェックできます。

 

知っておくと便利なこと:学生証を忘れずに。ヨーロッパのほとんどの美術館では、何らかの割引が受けられます。学生ではなくなった場合は、博物館のウェブサイトのチケットページで無料または割引の日の詳細を確認してください。

young-man-visiting-museum

宗教に目覚める

宗教施設は雨の日の小旅行に最適。特に信心深くなくても、また信仰が異なる場合でも、教会、シナゴーグ、モスク、寺院などの宗教施設へ敬意を持って訪問することは、気づきのある経験となります。

 

知っておくと便利なこと:多くの宗教施設には守らねばならないドレスコードがあります。これらを尊重するため、事前に確認してください。

カフェやコーヒーショップ

ヨーロッパのほとんどの都市では、伝統的なカフェやコーヒーショップに独自のテイストが加えられています。例えば、伝統的なウィーンのカフェでの朝は、おしゃれなベルリンのカフェでの朝とは大きく異なります。雨の日を居心地よい環境で過ごしたり、日記を書いたり、読書をしたり、ソーシャルメディアで旅行について自慢したり、単に人物ウォッチをするのは、とても楽しいものです。

 

知っておくと便利なこと:カフェやコーヒーショップの中には、比較的長居する常連客に寛容なところがあります。一般的な経験則として、混雑した大通りでカフェインを手っ取り早く補給する客が多い店は、コンセントと無料 Wi-Fi のあるサードウェーブのコーヒーショップよりものんびりと過ごしにくいでしょう。

2-woman-drinking-coffee-cafe

バー

バー

ヨーロッパには観光客向けのバーがたくさんありますが、人混みから離れて伝統的な醸造所やブドウ園を見学し、地元のビール、ワイン、スピリッツを試飲するのももちろん楽しいものです。

 

知っておくと便利なこと:ほとんどのオンライン検索や丁寧なホテルのコンシェルジュは、街で最も人気のあるバーを案内してくれます。観光客から逃れるには、ホステルのフロント係やタクシーの運転手など、住民に伝統的なバーやパブの場所を尋ねるのがベストです。

長距離列車に乗る

暗く、嵐の日に列車に乗って町を出るのは、雨天で時間をつぶす素晴らしい方法です。屋外で繰り広げられる実世界を映画のように眺めながら、空調の効いた車内の暖かさと心地よさを楽しめます。街に数日間滞在する場合は、近くの町まで長い旅をして、その日のうちに戻ってくることもできますが、もし嵐に見舞われたら、荷物をまとめて新しい都市に移ることもできます。

 

知っておくと便利なこと:景色の良さで有名な旅程は、晴天時のためにとっておくのが一番です。景色を楽しみたいのであれば、風光明媚なアルプスのような高地を通る列車に曇天時に乗るのは避けましょう。

woman-travelling-in-train-reading-book

ライブショーを観る

雨の日は、文化に触れるのに最適なタイミング。地元のライブシアター、バンド、オペラ、コメディの公演リストをチェックしましょう。興味をそそるものが何もない場合は、興味をそそる古典的なライブシアターやオペラ会場に向かいましょう。多くの会場がツアー向けに開放されており、魅力的な建築がじっくり楽しめます。

 

知っておくと便利なこと:多くのライブ会場では、チケットの直前割引を実施しています。開演直前に会場のチケット売り場で確認しましょう。

外食する

雨天でちょっとお腹が空いたら、地元のレストランで地元の料理を味わってみよう。天候の変わり目ほど、お腹を満たすのに適したタイミングはありません。地元の料理を提供する居心地の良いレストランを見つけて、雨の日の憂鬱を吹き飛ばしましょう。

 

知っておくと便利なこと:屋根付きの食品市場もおすすめです。天候に関係なく営業しているところも多く、雨の日を楽しく雰囲気よく過ごすことができます。

restaurant-dinner-close-up

ショッピングセンター

ショッピングセンターの探索は典型的なヨーロッパ旅行のアクティビティではないかもしれませんが、天候が悪い場合も、そうでない場合でも、さまざまな街でデパートやモールを覗くのは楽しいものです。ロンドンのハロッズ、ミラノのガレリア ヴィットリオ エマヌエーレ2世、パリのギャラリー ラファイエットなど、どんなに買い物嫌いの人でも、この美しいショッピングの聖地の魅力には抗えないはずです。

 

知っておくと便利なこと:ショッピングセンターの知名度と価格には、ほとんどの場合直接的な関係があります。実際に商品を購入したい場合は、メインストリートから外れた場所のほうが安い値段で購入できるでしょう。

映画を見る

晴れた日に屋内で映画を見るのはよろしくないかもしれませんが、天気が変わったときに映画館に数時間足を踏み入れると、かなり元気が出ます。ほとんどの都市には、それ自体で目的地となるような映画館があり、その日に上映される映画に関係なく訪問を楽しめます。

 

知っておくと便利なこと:ヨーロッパの主流の映画館はかなり高額で、外国語の可能性が高くなります。昔ながらの映画館や小規模なアートハウス映画館を訪れると、ユニークな環境で隠れた名作を見ることができるでしょう。

movie-theater-watching-a-movie