D
h
M
s
お客様のご注文

ミュンヘンからモスタル:ボスニア・ヘルツェゴビナへの旅

ネレトヴァ川の上に高くそびえるモスタルの旧橋は、長い間、計り知れない意味を持つランドマークとなってきました。

 

1500 年代半ばに建設されて以来、その印象的なデザインは人間の創造力の強さを象徴してきました。1990 年代の崩壊は世界中の人々に衝撃を与え、ボスニア・ヘルツェゴビナを崩壊させた戦争への注目が高まりました。

 

再建された橋は「和解の象徴」とされ、ボスニア・ヘルツェゴビナへ旅をする鉄道旅行者の間で人気の観光地となっています。

 

去年、私は夕暮れのモスタルのクジュンジルクバザールの店の中に佇み、ライトアップされた「新しい」オールドブリッジを畏敬の念を抱いて見つめていました。橋を実際に見れた感動は、中央ヨーロッパからボスニア・ヘルツェゴビナまでのインターレイルの旅の締めくくりにふさわしいものでした。

 

鉄道旅の開始場所にもよりますが、サラエボやモスタルなどの目的地までは時間がかかります。ボスニア国境を越えるには、電車からバスに乗り換える必要がありますが、緑豊かな渓谷の景色やおいしい料理、秋まで続く夏らしい気候が疲れをいやしてくれるでしょう。

 

5 日間パスを使用して、オーストリア、ハンガリー、クロアチアを横断し、ミュンヘンからモスタルまで旅する方法をご紹介します。ユーレイルを使用すれば、途中の都市や町に立ち寄りながら、ルートをじっくり探索できます。

 

旅に出る準備は整いましたか?パスを選択し、必要な座席を予約して、荷物をまとめましょう。

ミュンヘンからモスタルまでのルートを示す地図

1. ドイツ、ミュンヘン

 

ドイツ南部、バイエルン州のにぎやかな大都市、ミュンヘンから冒険を始めましょう。ミュンヘンは旧市街と活気あふれるオクトーバーフェストで有名ですが、人混みから逃れ、ゆっくり生活を体験することも簡単にできます。

 

  • ミュンヘンには、地元で経営されている小さなお店が点在しており、思い出に残るお土産を買うことができます。ユニークな書店兼文房具店である Wortwahl Buchkultur は、ミュンヘンの旧市街から少し歩いたところにあります。

  • 1700 年代後半から経営しているレストラン、Königlicher Hirschgartenでミュンヘンの伝統料理を味わうのもいいでしょう。晴れた日の午後は屋外のテーブルに座って、1 ~ 2 時間ブラートヴルストなどの郷土料理を試すこともできます(ベジタリアン用のオプションもあります)。

  • ニンフェンブルク宮殿はかつて、1679 年に絶大な力を誇ったバイエルンの選挙人、マックス・エマニュエルの豪華な夏の離宮として使用されていました。現在、宮殿とその周囲の敷地は、ミュンヘンを囲む自然を楽しむ贅沢な場所となっています。

ドイツ、ミュンヘンを上空から見た景色

ミュンヘンからブダペストまでの直通列車に乗ります。所要時間:6.5 時間

座席予約不要

2. ハンガリー、ブダペスト

 

ハンガリー北部のドナウ川両岸に広がる首都ブダペストは、華麗で魅惑的。国会議事堂のような有名なランドマークをはじめ、彫刻が施されたアーチやポップでカラフルな落書きなど、細かいディテールもたくさんあります。

 

  • 雄大なブダペストを二分するドナウ川を眺めるには、ブダ城に登って、上から見てみましょう。川と街を見下ろす丘の上にある宮殿群には、2,000 年以上にわたるブダペストの歴史が展示されています。

  • 雨予報でも心配は無用。ブダペストの豪華な装飾が施されたコーヒーハウスには独特な雰囲気があり、コーヒーを飲みながら他の旅行者との会話を楽しめます。特に New York Café はブダペスト東駅から徒歩 15 分で便利です。

  • Great Market Hall では、グヤーシュやランゴスなどの郷土料理をお試しください。また、地元の人のように暮らして、新鮮な果物やナッツ、その他の農産物を買い、次の列車の旅で軽食をとるのもいいでしょう。

ブダペストの宮殿群を上空から見た景色

ブダペストからザグレブまでの直通列車に乗ります。所要時間:6.5 時間

座席予約必須

3. クロアチア、ザグレブ

 

穏やかで美しいザグレブは、クロアチア南の人でにぎわうビーチサイドとはかけ離れた世界。晴れた日に穏やかな通りを散歩したり、首都を探索したり。注目に値する名所も多いので、まずは市内を一望できる「アッパータウン」から始めましょう。
 

  • 果物、野菜、コーンブレッドなどを販売するマーケット、Dolac Market でエネルギー補給。約 80 年の歴史を持つこのマーケットは、売り子に日陰を提供する赤い傘が目印です。

  • 第二次世界大戦中に防空壕として使われていたGrič Tunnel はザグレブのアッパータウンにあり、現在は年間を通してアートインスタレーションが開催されています。

クロアチア、ザグレブのスカイライン

ザグレブからの国際路線は、建設工事のため数年前から運休しています。旅行者はザグレブからサラエボまで直行バスを利用できますが、バスはパスネットワークに含まれていないため、チケットは別途購入する必要があります。移動時間:6.5 時間

4. ボスニア・ヘルツェゴビナ、サラエヴォ

 

長旅終え、ついにボスニア・ヘルツェゴビナに到着。まずは、風光明媚で魅力的な首都サラエヴォ周辺の通りや丘陵地帯を探索してみましょう。街のバザールや曲がりくねった通りを散策しながら、ゆっくりと時間をかけてサラエヴォの日常生活を体感できます。

 

  • サラエヴォのバザールには、ボスニアコーヒーやバークを販売する中小企業がたくさんあります。街にいる間はできるだけ多くの店を試してみましょう。サラエヴォ旅行中の私のお気に入りは、Sač’s のベジタリアンブレクです。

  • 1959 年に初めて建設された、サラエヴォ民御用達のケーブルカーに乗って、谷底から山へと旅しましょう。わずか 12 分で、トレベヴィッチ山のトレイルに到着し、眼下に広がる街の眺めをお楽しみいただけます。

サラエヴォのバザールには伝統的な銅をはじめ、お土産にできる商品がいっぱい

サラエヴォからモスタルまでの直通列車に乗ります。所要時間:2 時間

座席予約不要

5. ボスニア・ヘルツェゴビナ、モスタル

 

旅の頂点を飾るのはボスニア・ヘルツェゴビナ南部のモスタル。夏の気候が秋まで続くことが多い地域です。活気ある町の中心部、周辺の美しい丘陵地帯、日帰り旅行にぴったりなスポットなど、モスタルの魅力に溺れましょう。

 

  • Koski Mehmed Pasha Mosque(コスキ・メフメット・パシャ・モスク)を訪れると、モスタルの旧市街とネレトヴァ川を一望できます。印象的なモスク建築を鑑賞した後は、必ず尖塔に登り、モスタルの息を呑むようなパノラマビューを眺めましょう。

  • モスタルの探索だけでなく、近隣への日帰り旅行もご検討ください。Kravica Waterfall(クラヴィカ滝)やネレトヴァ川上流にある中世の集落、Počitelj(ポチテリ)の眺めには畏敬の念を抱かずにいられません。

  • モスタルでの時間を締めくくるなら、川の上にあるたくさんのレストランでゆっくりとディナーを楽しみましょう。象徴的な旧橋を眺めながらの食事は格別です。ボスニア・ヘルツェゴビナでの旅を振り返れば、再び訪れる日を夢見てしまうのではないでしょうか。

緑豊かな丘陵に囲まれたモスタルの古い橋

ユーレイルの最新情報を入手