お客様のご注文

スペインとポルトガルの旅程

イベリアの冒険を夢見て

 

スペインとポルトガルは鉄道で旅するのに最適。イベリア半島の一部のこれらの国々には、美しい都市、魅力的な歴史、そして昼夜を問わずたくさんのアトラクションがたくさんあります。北部には包括的な鉄道網があり、国際鉄道網も充実。イベリアの究極の冒険に最適なスペインとポルトガルの旅程をご紹介します。

旅程の概要

1. スペイン、ビーゴ

かつてローマ人が住んでいたスペインの都市ビーゴは、豊かな海事の歴史を持つ沿岸の観光地で、グルメシーンも急成長しています。一大漁港なので、新鮮な魚介類は豊富。美術館、ギャラリー、水上アクティビティなど、一日中忙しく過ごせます。
 

アクセス

スペイン北部のどこからでも鉄道でビーゴに向かえます。マドリード(チャマルティン駅)から直通のアルビア (Alvia) 鉄道に乗ることもでき、所要時間はわずか6時間です。

2. ポルトガル、ポルト

ポルトはドウロ川のほとりに位置する美しく活気のある都市です。風格のある橋がいくつもあり、曲がりくねった通りや趣のある家々が立ち並ぶ中世の地区、美しい公園、豊富なポートワイン、活気に満ちた芸術シーンやナイトライフを楽しめます。スペインとポルトガルの旅程では外せない街です。

アクセス

ビーゴとポルト間は、毎日2本のインターシティ直通列車が運行しています。1本は午前8時58分、もう1本は午後7時56分発です。所要時間は2時間22分です。

3. ポルトガル、コインブラ

この川沿いの都市は、かつてポルトガルの首都であったことから、豊かな歴史を持ち、有名なコインブラ大学の本拠地でもあります。この歴史ある大学は今でも若々しい魅力を与え、その中世の建物はポルトガルで最も建築的に美しい観光地のひとつとなっています。

アクセス

ポルトとコインブラ間は、1日中定期的に直通のインターシティ列車が運行されており、約1時間で両都市を結びます。

4. ポルトガル、リスボン

ポルトガルの首都は、当然ながら国内で最も訪問者の多い都市であり、期待を裏切ることはありません。なだらかな丘陵地帯、アクセスしやすいアルファマの歴史、おいしい料理、夜通しのパーティーなど、ヨーロッパ屈指の名所です。また、シントラ、ベレン、カスカイスなどへの日帰り旅行も可能です。

アクセス

コインブラからリスボンまで毎日直通列車が定期運行しています。列車によって異なりますが、所要時間は1時間30分から2時間です。

5. ポルトガル、ファロ

ファロはポルトガルのアルガルヴェ地方の最南端に位置しています。夏の間は、ここがこの地域を探索する主要な拠点となります。ビーチや波、のんびりとした海岸の雰囲気や享楽的な小旅行など、人気の地域にも簡単にアクセスできます。

アクセス

リスボンとファロ間には、毎日運行のインターシティ列車が数本あり、所要時間は約3.5時間です。

6. スペイン、セビリア

セビリアはアンダルシア州の州都で、その歴史、文化、恵まれた気候により、スペイン国内の鉄道旅行者の主要な拠点となっています。フラメンコダンス、タパスバー、ローマ遺跡、巨大な大聖堂、アルカサル宮殿、川の景色が組み合わさって、印象的な目的地となります。

アクセス

南部のポルトガルとスペインの間には鉄道路線はありません。ファロからセビリアまで行く最も速くて簡単な方法はバスを利用することです。バスは毎日少なくとも4本運行しています。このバスはユーレイルパスには含まれておらず、片道料金は約 €15 から €20 となります。

7. スペイン、カディス

スペイン南西部のカディスは、ヨーロッパで最も古くから人が継続的に居住している地域のひとつで、古典的な建築物、趣のある飲食店、静かで曲がりくねった路地にその歴史が表れています。また、のんびりとした海岸沿いの雰囲気と素晴らしいオーシャンビューも魅力です。

アクセス

セビリアとカディスを結ぶ直行列車が何本か運行しています。所要時間は約1時間40分です。

8. スペイン、グラナダ

シエラネバダ山脈のふもとにあるグラナダには、ヨーロッパで最も有名な観光スポットの1つであるアルハンブラ宮殿があります。ムーア人の宮殿と城は町を見下ろす丘の上にあり、ほとんどの訪問者がここを目当てに訪れますが、周辺の街も活気に満ちています。

アクセス

カディスとグラナダの間にはドス エルマーナスで接続する列車が毎日4本運行されています。合計所要時間は約5時間30分です。