D
h
M
s
お客様のご注文

ヨーロッパの冬の光の伝統

6つの光の祭典の舞台裏

 

家にいるのに飽きたり、冬の逃避行を夢見ていたりするなら、冬の憂鬱を振り払う準備をしましょう。

ヨーロッパの最も奇妙で素晴らしい冬の光の伝統行事をいくつか紹介します。爆発する雪だるまや花火から天からの光のショーまで、気分を明るくすること間違いなしのお祭り。今年開催されないものもありますが、すべて長年続いている伝統のため、今後も見る機会は必ずあります。今はただ、旅を想像しましょう...

焚き火の夜 |イギリス(11月5日)

キラキラ光るのがお好きですか?花火、焚き火、そしてサプライズ...

 

素晴らしい花火大会とお祭りの雰囲気に圧倒されることうけあい。焚き火の夜には暖かく着込んで、万華鏡のような爆発する光を見ながら、歓声をあげましょう。

 

ガイ・フォークスが焚き火に投げ込まれる理由

1600年代初頭、不満を抱いたカトリック教徒のグループがプロテスタントの英国王を殺害しようとし、君主制を打倒する最善の方法は、ジェームズ1世を殺し、国王の出席中に英国議会を爆破することだと考えました。幸いなことに、このガンパウダー プロットは大失敗に終わり、首謀者の一団が巻き込まれました。ガイ・フォークスは36バレルの火薬を持った状態で貴族院で逮捕されました。実に膨大な爆薬です!

 

ガイ・フォークスは逮捕を逃れるために飛び降りて死にましたが、その名は今日まで生き続けています。そのため、11月5日には全国各地でその遺体の人形が焚き火に投げ込まれるのです。

 

britain-bonfire-night-fireworks

フェット デ リュミエール (Fête des Lumières) | フランス、リヨン(12月)

ありふれたクリスマスマーケットよりもすごいものが見たいですか?

 

光の街といえばパリだと言われますが、フェット デ ルミエールの期間中はリヨンはさらに明るく輝きます400万人がリヨンに集まり 、壮大なイルミネーションを楽しみます。この光の祭典はクリスマスの祝祭ではなく、その伝統の起源は少し暗いものです。

 

1643年に黒死病がリヨンを襲ったとき、リヨンの人々は絶望の中で聖母マリアに祈りを捧げ、救済を懇願しました。神の介入と呼ぶべきか、まったくの偶然と呼ぶべきか、その祈りは届き、聖なる母希望の象徴となりました。

 

209年後、さらに敬意を表すため同市では像の除幕式が予定されていましたが、そこで大きな嵐が起こったため、祝賀会は中止されました。これでもリヨンの人々は動じず、街中の家々で何千本ものろうそくが自発的に灯されました。こうして光の祭典が誕生し、これが今日に至るまで残っています。

フランス-リヨン-光の祭典

Tschäggättu | スイス、ロッチェンタール渓谷(1月)

怖いものは好きですか?夜に襲い掛かる恐怖に備えましょう。

 

カトリックの祝日であるキャンドルマスと懺悔の火曜日(灰の水曜日の前日)の間にロトシェンタール渓谷に向かうと、暗くなってから Tschäggättu と呼ばれる怪物が街を歩き回っているのがわかります。こうした特大の悪夢のような怪物の目的はただ一つ、皆を死ぬほど怖がらせること。幸い、見逃す心配はありません。巨大な木製の仮面と毛皮の衣装を身に着けているからです。

 

いつ暗闇から飛び出してきて、通りを追いかけてくるかもしれず、怪物が通行人の毛糸の帽子を盗んだり、地面に押し倒したりする可能性もあります。いかにも楽しそうですよね。嬉しさのあまり叫んでしまうことでしょう。

 

注意:このお祭りは気の弱い人には向きません!気楽なお祭りとは言えませんので、明かりを持って行きましょう。自分たちでこういうイベントを始めてみるのも楽しいかもしれません。

switzerland-lotschental-valley-tschaggattu

Liichtmëssdag | ルクセンブルク(2月)

心躍る春。童心に帰ってみませんか?

 

キャンドルマスの日(または光の祭典)としても知られる Liichtmëssdag を祝う準備をしましょう。メイクやいたずら、粗末な縫製の衣装のないハロウィーンともいえます。

 

キャンドルマスの夜、行儀の良い子どもたちがルクセンブルクの街路や村を歩き回ります。その目当てはただ一つ、キャンディ(本当にハロウィーンのようなものですね)。皆が手作りの提灯を持ち、悪霊を追い払う歌を歌っているので、見逃すことはありません。

 

ランタンを持参して行列に加わりましょう。いつだって子供のような遊び心は忘れずにいたいもの。おとぎ話の世界に足を踏み入れ、子供の視点で夜を眺めてみましょう。

luxembourg-candlemass-day

オーロラ |ノルウェー(3月)

人工的なお祭りに興味がないなら、最高の自然の光のショーを見に行きましょう。

 

3月は、真冬の寒さを避けてオーロラを垣間見るには良い時期です。いわゆる「北極のアカギツネ」のきらめく尾を探しましょう。北欧の民間伝承に登場するこの不思議な生き物は、雲ひとつない夜にしか見ることができません。

 

レヴォンチュレット(フィンランド語でオーロラ)は「キツネの火」を意味することをご存知ですか?伝説によると、ハンターたちは何百年もこの伝説の生き物を探し続けていたそうです。

 

この自然現象を目撃するには、北極圏の北に向かう必要があります。年に一度、なかなか見つからないアガギツネの足跡をたどることをあなた自身の恒例行事にすることもできます。

norway-northern-lights-arctic-firefox

スプリングフェスティバル | スイス、チューリッヒ(4月19日)

爆発が好きな方に最適。冬の終わりを祝うタイミングです。

 

ヨーロッパで最もユニークで爆発的な光の伝統を体験するには、4月19日にチューリッヒに向かいます。

 

爆発する雪だるまのベーグ (Böögg) が主役の祭典では、高さ30フィートの焚き火の上に巨大な雪だるまが乗り、何千人もが燃える焚き火を眺めます。炎が大きくなるにつれて、興奮も高まります。地元の人々はその秘密を知っています。

 

それは最後に巨大な爆発が起こるから。雪だるまには爆発物がたくさん詰め込まれていて、熱狂的な群衆がその爆破を待ち構えています。

 

おもしろ情報:ベーグは気象予報士でもあります!焚き火が燃えてベーグが爆発するのが早いほど、暑い夏になると言われています。

switzerland-zurich-boog-spring-festival

関連ページ