お客様のご注文

イタリア鉄道旅行

鉄道で巡るイタリア旅行の魅力を発見

イタリアの鉄道旅行では、ポンペイの古代遺跡や壮観なトスカーナの海岸線など、ありとあらゆる名所を訪れることができます。ローマやフィレンツェでさまざまな魅力を発見し、ミラノでショッピングを楽しんだら、ヴェネツィアのゴンドラに乗って運河を巡りましょう。ユーレイルパスなら快適なイタリア鉄道の旅を楽しみつつ、イタリアの名所すべてを堪能できます。

 

イタリアの列車のタイプ

イタリアの主要路線図
イタリアの主要路線図

地域鉄道とインターシティ (InterCity)

トレノルド リジョナーレ (R)

  • スイスに近いロンバルディアの中北部地域を運行します。

  • 予約は不要です。

  • レッコ - ピオナ間の鉄道ではパスを利用できません。

  • ミラノ - マルペンサ空港間の鉄道ではパスを利用できません。

  • 列車時刻はトレニタリアの時刻表で確認してください。

インターシティ (IC)

  • フィレンツェ、ミラノ、ローマ、ヴェネツィアなどの主要都市を結んでいます。

  • 地域鉄道に比べて停車する駅が少なく、早く目的地に移動できます。

  • 予約が必要です。

レオナルド エクスプレス (Leonardo Express)

  • ローマとフィウミチーノ空港間を運行する特急列車です。

  • 全座席が 1 等 (1st class) 席のため、この列車を利用するには 1 等 (1st class) のユーレイルパスが必要です。2 等 (2nd class) のユーレイルパスをお持ちの場合は、チケットを購入する必要があります。

  • 2 等 (2nd class) のインターレイルパスをお持ちの場合は、フレッチャロッサの列車でローマとフィウミチーノ空港間を移動できます。

 

国内高速鉄道

レ フレッチェ (Le Frecce) 高速鉄道(旧ユーロスター イタリア (Eurostar Italia))は近代的で快適な高速鉄道です。すべての車両に、エアコン、大型の荷物棚、電子機器用コンセントが完備されており、軽食やドリンクも用意されているほか、大抵は食堂車も利用できます。すべての車両に、エアコン、荷物棚、電子機器用コンセントが完備されており、軽食やドリンクも用意されているほか、大抵は食堂車も利用できます。

 

フレッチャロッサ (Frecciarossa) (FR)

  • イタリアの主要都市間を高速鉄道で南北に運行。
  • イタリア最速の列車で、最高速度は時速 300km です。
  • 主力 : フレッチャロッサ (FrecciaRossa) 1000
  • 予約が必要です。

フレッチャロッサ (FR) とフィウミチーノ空港(ローマ)間の移動

  • フィウミチーノ - ローマ テルミニ駅(Roma Termini)
  • フィウミチーノ - ナポリ(ローマ テルミニ駅経由)
  • フィウミチーノ - ヴェネツィア サンタ ルチア (Venezia S. Lucia)(ボローニャ、フィレンツェ、ローマ テルミニ経由)
  • 予約が必要です。

フレッチャルジェント (Frecciargento) (FA)

  • イタリアの主要都市間を高速鉄道と在来線で南北に運行。
  • イタリアで2番目に速い列車で、最高速度は時速 250km です。
  • 予約が必要です。

フレッチャビアンカ (Frecciabianca) (FB)

  • イタリアの主要都市とその他の都市の間を在来線で運行。
  • イタリアで 3 番目に速い列車で、最高速度は時速 200km です。
  • 予約が必要です。

国際列車

ユーロシティ ブレンナー (Eurocity Brenner)

  • インスブルック(オーストリア)経由でベニス/ヴェローナ/ボローニャ - ミュンヘン(ドイツ)を接続
  • 予約は任意です
  • イタリア発着/イタリア国内を旅行する場合には追加料金の支払いが必須となります。 
    • 1 等 (1st class) : €15
    • 2 等 (2nd class) : €10
    • 車内で追加料金 (€5) の支払いも可能です。

ユーロシティ (EuroCity) - スイス行き

  • ミラノとヴェネツィアからチューリッヒ/ベルン/バーゼル/ジュネーブ(スイス)へ運行します。
  • 予約は必須です

ユーロシティ(エクスプレス)

  • バーゼル(スイス)経由でミラノとフランクフルト(ドイツ)を接続します。
  • イタリア発着/イタリア国内の路線を利用する場合は、予約が必須です。

ユーロシティ (EuroCity) - スロベニア経由オーストリア行き

  • トリエステとリュブリャナ(スロベニア)およびウィーン(グラーツ(オーストリア)経由)を結びます。
  • 予約は任意です。

レイルジェット (Railjet)

  • ヴェネツィア - ウィーン間を運行
  • 予約は必須です

TGV

  • トリノ/ミラノとフランスの数都市間を運行
  • 予約は必須です

インターシティ (InterCity) および地域鉄道 - ニース行き

  • ミラノとジェノヴァとニースとコートダジュール(フランス)を結びます。
  • ステップ 1: IC ミラノ – ジェノヴァ – ヴェンティミーリア / RE ジェノヴァ – ヴェンティミーリア
  • ステップ 2: RE ヴェンティミーリア – モナコ – ニース – カンヌ(フランス)
  • ヴェンティミーリアでの乗り換え

国内夜行列車:

眠っている間にイタリアの北部と南部間を移動できるため、貴重な時間を節約できます。イタリアで運航されている国内夜行列車は以下の通りです。

 

InterCity Notte (ICN) - シチリア島行き

メッシーナ (Messina) 海峡の横断時には列車が船に積み込まれるという珍しい行程になっています。

  • ミラノ – ボローニャ – フィレンツェ – メッシーナ – カターニア – シラクサ
  • ミラノ – ボローニャ – フィレンツェ – メッシーナ – パレルモ
  • ローマ – ナポリ – サレルノ – メッシーナ – カターニア – シラクサ
  • ローマ – ナポリ – サレルノ – メッシーナ – パレルモ
  • ローマ - メッシーナ - カターニア - シラクサ
  • ローマ – メッシーナ – パレルモ

InterCity Notte (ICN) - イタリア国内の他地域行き

  • ミラノ – バーリ – ターラント – ブリンディジ – レッチェ
  • ミラノ – パルマ – バーリ – ブリンディジ – レッチェ
  • トリノ – アレッサンドリア – バーリ – ブリンディジ – レッチェ
  • トリノ – ミラノ – ローマ – ナポリ – サレルノ
  • トリノ – ジェノヴァ – ローマ – ナポリ – サレルノ
  • トリノ – ジェノヴァ – ピサ – リヴォルノ – レッジョ ディ カラブリア
  • トリエステ – ヴェネツィア – パドヴァ – ローマ
  • ボルツァーノ – トレント – ヴェローナ – ローマ

 

国際夜行列車:

夜行列車はイタリアとオーストリア、ドイツ、スペイン間で運行しており、費用も時間も節約できます。 イタリア発着の夜行列車は以下の通りです。

 

ÖBB ナイトジェット (Nightjet, EN) イタリアの複数の目的地を結ぶ列車が多数運行されています。

  • ローマ – フィレンツェ – ザルツブルク – ミュンヘン(6月10日~9月9日を除く)
  • アンコーナ – ボローニャ – ザルツブルク – ミュンヘン – シュトゥットガルト(6月10日~9月9日)
  • ローマ - フィレンツェ - ボローニャ - ウィーン
  • アンコーナ – ボローニャ – ウィーン(6月10日~9月9日)
  • リヴォルノ - ピサ - フィレンツェ - ボローニャ - ウィーン(6月10日~9月9日を除く)
  • ラ スペツィア – ジェノバ – ミラノ – ヴェローナ – ウィーン
  • ラ スペツィア – ジェノヴァ – ミラノ – ヴェローナ – ザルツブルク – ミュンヘン – シュトゥットガルト
  • ヴェネツィア - ウーディネ - ザルツブルク - ウィーン
  • ヴェネツィア - ウーディネ - ザルツブルク - ミュンヘン - シュトゥットガルト
  • 寝台を使用する場合は予約が必要です。

イタリアの観光列車 景勝ルート

イタリア国内を走る観光列車の景勝ルートには以下の 2 路線があります。

ベルニナ エクスプレス (Bernina Express) ティラーノ (Tirano)(イタリア)経由でクール (Chur) - ルガーノ (Lugano)(スイス)間を運行
チェントヴァッリ鉄道 (Centovalli Railway) ロカルノ (Locarno) (スイス) - ドモドッソラ (Domodossola) (イタリア)間を運行

 

人気の路線

イタリアには充実した高速鉄道網が整備されており、地域鉄道に比べて、訪れたい場所へはるかに短時間で到着することができます。ただし、高速列車を利用する場合には座席の予約が必要となります。このページでは、予約について詳しく説明しています。

 

イタリアの人気都市を鉄道で巡るのにかかる時間はどのくらい?イタリアの地域鉄道と高速列車による所要時間の目安は以下の通りです。

 

ルート 地域鉄道 高速鉄道
ローマ - フィレンツェ 3 時間 30 分 1 時間 30分
ローマ - ミラノ 9 時間(途中停車駅1駅) 3 時間
ローマ - ヴェネツィア 9 時間(途中停車駅3駅) 3 時間 30 分
フィレンツェ - ミラノ 5 時間 30 分(途中停車駅1駅) 1 時間 30分
フィレンツェ - ヴェネツィア 4 時間(途中停車駅2駅) 2 時間
ピサ - フィレンツェ 1 時間 1 時間
ヴェネツィア - ミラノ 3 時間 30 分(途中停車駅1駅) 2 時間 30 分
ミラノ - ナポリ 14 時間 4 時間 35 分
ローマ - トリノ 10 時間 20 分 4 時間 10分
ミラノ - パレルモ - 20 時間 45 分(夜行)
ルート 列車の種類 所要時間 予約
ジェノヴァ(ヴェンティミリア経由)- ニース(フランス) IC+普通列車 3 時間 15分 必須
ミラノ - ベルン / ジュネーブ / チューリッヒ(スイス) ユーロシティ (EuroCity) 3 時間 / 4 時間 15 分 / 3 時間 15 分 必須
ミラノ - ウィーン(オーストリア) ÖBB ナイトジェット (Nightjet) 11 時間 30 分(夜行) 必須
ローマ - ミュンヘン(ドイツ) ユーロシティ ブレンナー (Eurocity Brenner)/ ÖBB ナイトジェット (Nightjet) 6 時間 20 分 / 13 時間(夜行) 必須
ヴェネツィア - インスブルック(オーストリア) ユーロシティ ブレンナー (Eurocity Brenner) 4 時間 30分 必須
ヴェネツィア - ウィーン(オーストリア) レイルジェット (Railjet) 8 時間(夜行) 必須
ヴェネツィア - ウィーン(オーストリア) ユーロナイト 7 時間 30 分(夜行) 必須
トリエステ - リュブリャナ(スロベニア) ユーロシティ (EuroCity) 3 時間 任意

 

 

スペイン - イタリア
  • グリマルディライン (Grimaldi Lines) のフェリーで、スペインのバルセロナからイタリアのチヴィタヴェッキア (Civitavecchia)、サルデーニャ島 (Sardinia) のポルトトッレス (Porto Torres) へ。ユーレイル イタリアパスホルダーには 20% 割引が適用されます。

ギリシャ - イタリア
  • ミノアンライン (Minoan Lines) で、ギリシャのイグメニツァまたはパトラからイタリアのアドリア海沿岸の都市アンコーナへ。ユーレイル イタリアパスホルダーには無料乗船および割引が適用されます。

時刻表では、ÖBB ナイトジェットは「EN」と表示されます。 インターシティ ノッテ (InterCity Notte) は、『ユーレイル時刻表 (Eurail timetable) 』では「ICN」と表示されます。 『トレニタリア時刻表 (Trenitalia timetable) 』では、そのまま「InterCityNotte」と記載されています。 寝台車は事前の予約が必要です。
ユーレイル時刻表 (Eurail timetable)』では、フレッチャロッサは「FR」、フレッチャルジェントは「FA」、フレッチャビアンカは「FB」と表示されています。『トレニタリア時刻表 (TrenItalia timetable)』では、「Frecciarossa」のようにイタリア語の名称で記載されています。これらの列車は常に座席予約が必要です。
ユーレイル時刻表 (Eurail timetable) 』では、インターシティ (InterCity) は「IC」、トレニタリアの地域列車は「R」と表示されています。 トレノルド レジョナーレ (Trenord regionale) の列車は『トレニタリア時刻表 (Trenitalia timetable)』にのみ掲載されており、『ユーレイル時刻表 (Eurail timetable)』には掲載されていません。 これらの列車は「Regionale(レジョナーレ)」と呼ばれています。 地域鉄道では座席予約は不要です。 ただし、ハイシーズン(5月~9月)および祝日にインターシティを利用する場合は、予約が必須です。

 

予約

予約が必要な列車の種類

イタリアを鉄道で旅する際には、事前の座席予約が必要な場合があります。旅行の計画にあたり、利用する列車がどのタイプのものかお確かめください。座席予約の要不要については下記表で確認することができます。

 

下の表に掲載されているすべての列車でユーレイル イタリアパスを利用でき、予約が必要な列車においては、予約料を支払うだけで乗車できます。
 

トレニタリア (Trenitalia) 地域鉄道
  • 予約不要です。

インターシティ (InterCity)
  • 夏季の繁忙期(5月~9月)および休祝日に利用する場合は、予約をお勧めします。

レ フレッチェ (Le Frecce) 高速鉄道
  • 事前の予約が必要です。

夜行列車
  • 予約が必要です。

  • 料金は選択する寝台の種類によって異なります。

 

次の方法で国内および国際路線の高速鉄道と夜行列車の座席を予約することができます。

  • 予約サービス経由。
    イタリアの列車では Eチケットを提供しています。ご予約は簡単で時間もかかりません。

  • 現地の鉄道駅のチケット販売所


パリ発ミラノ行きの TGV 高速鉄道では、ユーレイル パスホルダーが利用できる座席数が限られていますのでご注意ください。また、イタリアの鉄道駅ではこの区間のチケットを購入できません。この列車の予約は、ミラノ中央駅 (Milano Centrale) の近くにあるレイルヨーロッパ (RailEurope) の営業所で行ってください。

住所:Via Vitruvio 1. 20124 Milano
電話:+39 0240 32 6435

夏季の繁忙期(5 月~ 9 月)とヨーロッパの休祝日中は、できるだけ早い時期のご予約をお勧めします。事前予約は 3 カ月前から可能です。列車の空席状況を確認するには、予約センターまたはヨーロッパの鉄道駅にてお問い合わせください。

希望する列車のパスホルダー用の座席が満席の場合は次が可能です。

  • 別ルートを確認

  • 正規料金のチケットを購入(その日の移動がこの区間のみの場合、旅行日を1日節約できます)

 

予約に関する詳細はこちら

ユーレイルパスでフランスまたはイタリアへお出かけですか?

旅を最大限に楽しむための情報をお届けします。人気アトラクション、地元の名物料理やドリンクなど、目的地で使える割引やとっておき情報の受信登録でメールボックスに役立つヒントが届きます。登録には、旅行開始の予定日を教えてください。

 

イタリアのユーレイルパスを購入

イタリアパス

 

イタリアを鉄道で周遊する長期休暇に最適。

 

スタンダード料金は $ 145 ~

グローバルパス

 

イタリアをはじめ、ユーレイルを利用可能なヨーロッパ 32 カ国を巡る旅にお勧め。


スタンダード料金は $ 211 ~

 

イタリアでのパスのメリット


    イタリアのフェリー
イタリアのフェリー

フェリーの旅

フェリーの無料乗船および割引料金を利用できることもユーレイル イタリアパスのメリットのひとつです。無料乗船および割引料金が適用されるイタリア本土発のフェリー運航先:

  • サルデーニャ島とシチリア島(イタリア)

  • スペイン

  • ギリシャ

 

バスの旅

ユーレイルパスホルダーは、以下の国際バス路線を無料で利用できます。

  • オーストリア、ヴェネツィア (Venezia) - フィラッハ (Villach) - クラーゲンフルト (Klagenfurt)


イタリアでのパスのメリットをすべて表示する

イタリアに関するヒントとアドバイス

基本データ

  • 首都:ローマ

  • 人口:6,000 万人

  • 言語:イタリア語

  • 通貨:ユーロ (EUR)

  • 国番号:+39

 

時刻表上のイタリアの都市名

イタリアの鉄道時刻表および鉄道駅では、イタリアの都市名と駅名は通常イタリア語で表記されています。

 

イタリアの主要都市のイタリア語表記:

  • フィレンツェ = Firenze

  • ジェノヴァ = Genova

  • ミラノ = Milano

  • ナポリ = Napoli

  • パドヴァ = Padova

  • ポンペイ = Pompei

  • ローマ = Roma

  • シチリア(島)= Sicilia

  • トリノ = Torino

  • ヴェネツィア = Venezia

イタリアのハブ鉄道駅

イタリアの主なハブ鉄道駅は、ローマのローマ テルミニ駅 (Roma Termini) とミラノのミラノ中央駅 (Milano Centrale) の 2 つです。これらの駅から、イタリアの主要都市に向かう列車を利用することができます。

 

駅の施設

イタリアの鉄道駅には、通常次のような便利な設備が整っています。

  • 荷物用ロッカー

  • 外貨両替所

  • レストランおよびカフェ

  • 観光案内所

  • 現金自動支払機 (ATM)

  • エレベーターおよびエスカレーター

  • バリアフリー設備

 

アイデアをご紹介

  • italy_desktop
    イタリアの旅程 イタリア鉄道旅行の旅程のアイデアをご紹介します。 ユーレイルを利用して、ローマ、ヴェネツィア、フィレンツェなど、イタリアで最も愛される街を探索しましょう。
  • italy-cinque-terre-manarola-station-and-sunset
    イタリア鉄道旅行 鉄道を利用したイタリア旅行のメリットをご覧ください。イタリアでも人気の鉄道路線と、利用する列車をご案内します。